RHD更新履歴

—–【更新履歴】—–

公開日 Ver. REV 修正内容
2020/5/25 2020052501.xxxx 小児科包括の改定に対応
バグの修正
2020/2/11 2020021101.xxxx 未就学計算の変更
2019/4/25 2019042501.xxxx 新元号「令和」に対応
2011/8/22 2011082201.xxxx 複数の病名が必要な配合剤のチェックを追加
2008/4 2008041001.xxxx H20年4月保険改定対応
2008/2/7 2008020701.xxxx 病名があるが対応する検査が無い場合のチェックを追加
2007/8/24 2007100202.xxxx RHD<=>Dyna連携キットに対応
2007/8/24 2007082401.xxxx 実日数の不具合を抽出するルーチンを付加
結果出力フォームの大幅改造
2007/7/7 2007070701.xxxx 標準辞書から登録された間違いを除去するルーチンを付加
2007/6/8 2007062802.xxxx Dyna17a対応版、病名修飾語対応
2007/6/8 2007060802.xxxx 薬情チェックで7種以上が抜けるバグを修正
2007/5/31 2007053102 対応表作成のための標準辞書を搭載
2007/5/17 2007051703 指定薬剤の30日を越える処方を抽出する機能を追加
長期処方管理加算の対象薬の精度を向上
2007/5/5 2007050501 病名追加フォームに病名変更フォームを内蔵、マスタからの修飾語選択を追加
2007/4/27 2.10 2007042203 病名チェックフォーム変更
2007/4/6 2007040601 指定した検査で対象月に開始した対応病名がないものを抽出する
75歳以上の老人で老人保険番号が抜けているものを抽出する
2007/4/5 2007040501 頓服薬1処方10回以上の処方例を抽出
処置の左右と病名の左右の判定を対応する病名で判定できるようにした
2007/4/1 2007033102 先月から残っている疑い疾患を持つ患者を抽出する機能追加
初診が複数回ある場合を2回から任意の回数に変更可能にした。
2007/3/31 2007033101 1ヶ月に2回以上検査した項目を持つ患者を抽出する機能追加
2007/3/5 2007030501 「の疑い」に対応
生年月日入力ミスのチェック
2007/1/15 2007011501 休日計算ルーチンのバグ修正
2007/1/12 2007011103 類似薬剤(たとえば抗ヒスタミン剤など)の同時処方を抽出
「小児特定疾患カウンセリング料」算定者を「特定疾患」算定候補者から除外
2007/1/10 2007011002 抗生物質長期投与例を抽出
2006/12/26 2006122602 「小児特定疾患カウンセリング料」の誤算定を抽出
2006/12/19 2006121902 「休日なのに休日扱いでない。休日で無いのに休日扱いである。」を抽出
2006/11/23 2006112006 病名追加フォームの特定疾患マーク書込みにバグ発覚、修正
特定疾患指導料・管理料の対象から生活習慣病管理料を除外
2006/11/21 2006112004 悪評の病名追加フォームを刷新
2006/10/18 2006101408 主病名チェックで特定疾患から疑い疾患を除外
主病名チェックの“オオチョンボ”修正
2006/10/18 2006101407 主病名チェックで特定疾患を初診後1ヶ月経過したものに絞るオプションを追加
在宅患者訪問診療料が初診に出てくるバグを修正
2006/10/14 2006101402 耳垢除去(複雑)があるのに6歳未満乳幼児加算が無い。の抽出を追加
小児科外来診療料のバグ修正
存在しない日付が病名開始日・終了日にあるものを警告する機能を追加
2006/9/30 2006092904 主病名チェックを特定疾患に絞るオプションを追加
2006/9/29 2006092901 小児科専科に対応
—>小児科外来診療料が初再診に反映されるように修正
—>小児科外来診療料の整合性判定を追加
2006/9/22 2006091409 部位を除いて判断できる疾患を自由に選択できるように変更
2006/9/19 2006091406 膿瘍・切創・挫創を部位を除いて判断できるオプションを追加
2006/9/14 RHD Ver2.0 2006091401 VerUpの為の設定移行を容易にするためRHDのファイル構造を変更
2006/9/11 2006090703 急性病名自動治癒にNOTで除外できる機能を追加
2006/9/9 2006090702 ちょっとだけインターフェース変更
2006/9/8 2006090701 主病名マーク”*” “*”に対応した。
複合病名チェック機能を追加
レセプト作成参考資料作成ルーチンを付加
2006/9/2 2006090201 主病名自動付加機能を改造
主病名付け忘れ抽出機能を追加
2006/9/2 2006080118 RHD設定テーブルを引き継ぐオプションを追加・修正
対応表作成ルーチンのバグ修正
2006/8/17 2006080109 老人外来管理加算が抜けるバグを修正
2006/8/9 2006080107 対応表作成のバグを修正
2006/7/21 2006072003 耳鼻科チェックで同日再診を分離できないバグを修正
2006/7/2 2006070201 急性病名自動治癒に月末治癒と最終受診日治癒のいづれかを選択可能にした
2006/6/5 2006052407 一定期間未受診の患者の全病名治癒で転帰日が逆転することがあるバグを修正
病名が厚労省コードに対応しているかを調べる機能を追加
2006/5/24 2006052401 初再診重複チェックから同日受診を排除、同日受診者リスト作成機能を追加
2006/5/7 2006050701 削除候補病名を自動終了できる機能を追加
2006/4/20 2006042002 耳鼻科チェックバグを修正・機能強化、そのほか諸バグを修正
2006/4/18 2006040305 在宅患者訪問診療料を算定した日が反映されないバグを修正
2006/4/7 RHDVer1.20 2006040303 2006/4 保険改定対応版リリース
薬剤情報提供料取り漏れ・取り過ぎ抽出機能を追加
2006/3/9 2006030901 長期処方管理加算があるのに対応する処方がない場合の抽出を追加
2006/3/6 2006022616 病名コードチェックの結果に特定疾患のマークを付けるオプションを追加
2006/3/4 2006022615 病名コードチェックの履歴をチェック対象月に限定するオプションを追加
2006/3/2 2006022611 「寝たきり老人在宅総合診療料」を特定疾患指導料・処方管理対象から除外
病名重複に継続病名のみ対象のオプションを設置
2006/2/22 RHDVer1.10 2006022202 高速化処置としてソースコードを大幅変更
転帰時期の異常を警告する機能を追加
ほぼすべてのコードの高速化変更を終了
処置手術⇔病名チェックのため病側の入力順をチェックする機能を付加
2006/2/8 2006020802 両側病名が付いているときに、左・右処置で異常と判断されるバグを修正
病名コードチェックの履歴を改正
病名コードのない病名に対応するコードを探す逆引き機能を追加
2006/2/5 2006020502 耳垢栓塞が2つ以上ある場合、治癒日が過去になるバグを修正
2006/2/4 2006020401 特定疾患疑いを特定疾患の対象から排除
特定疾患のチェックでチェック対象月以降の開始病名が含まれるバグを修正
2006/2/3 2006020301 特定疾患のチェックで前月終了した特定疾患の患者が含まれるバグを修正
耳鼻科処置の回数と受診日計のチェックを追加
病名追加ツールの改良
—>病名表示窓に月内の治癒病名を表示
—>病名コード付加ルーチンの精度を向上
2006/1/22 2006012201 対応表作成で病名インポートルールを改良
—>ダイナの対応表の病名追加順序による制約を排除
2006/1/18 2006011801 対応表作成で対応病名長が255文字を超える場合の処理を追加
2006/1/16 2006011601 疑い疾患治癒が未来に治癒する可能性があるバグを修正
急性疾月末治癒の処理を変更
—>(病名完全一致治癒も可能に変更、KWファイルも変更)
2006/1/10 RHD Ver1.01 2006011001 DcheckをRHD(Receipt Helper for Dynamics)に改名
「特定疾患があるのに特定疾患処方管理加算がない」より
—>長期処方加算の除外処理を追加。
2006/1/6 Dcheck Ver1.01 Ver1.0バグ修正
「特定疾患があるのに特定疾患指導料がない」より
—>在宅自己注射指導管理料の除外処理を追加。
「特定疾患があるのに特定疾患指導料がない」より
—>在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の除外処理を追加。
病名コードチェック処理の追加。
2005/12/29 Dcheck Ver1.0 公開
2005/12/10 Dcheck Ver1.0 Dyna_checkをDcheckに短縮
2005/12/6 Dyna_check Ver1.0 β版をβテスタに公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする