ギリシャ

旅行期間 1998年4月

今まであちこち(友人によれば散々あちこちらしいが)旅行してきたのだが、 今回だけはいつもと事情が違っていた。というのも、ついに私も結婚して新婚旅行なるものに行くことになったからだ。 したがって、今回の旅行は全て私の希望というわけではないことをお断りしておく(単なる言い訳か?) というわけで、お互い希望を出し合った挙げ句に選ばれたのがギリシャというわけで、どういう訳かそこには遺跡があった。 ギリシャにあって人目をひくものの代表は、遺跡とエーゲ海だろう。他にも革製品に貴金属もあるが今回は遠慮したい。 (写真のスキャン後に圧縮しすぎで写真が汚くなりました。すみません。)




アテネ、パルテノン神殿




パルテノン神殿の脇にあるエレクティオン

しかし、どうやっても昔していた癖は直らないものである。つい、路線バスでポセイドン神殿があるという岬まで行くことにしてしまった。 ちょっとのつもりだがバスで行くと1時間半から2時間弱の行程だ。しかし、バスに乗っている間はそんなものだが、 バス停で散々待つことになった。別にバスの時刻表があるわけでもないし、バスが着くたびに行き先を叫んでもくれない。 仕方が無いのでバスが近づくたびにバスの表示とガイドブックのスニオンというギリシャ語を見比べる。 こうしてまた1時間弱待つ事になった。やっと岬にたどり着くと、神殿は小さく柱が少し残っているだけでさみしい代物だった。 しかし、海はこの上なくきれいで、空の青さがはえ、満足できるものだった。




ポセイドン神殿




遠目に見たポセイドン神殿
この位置から見ると神殿も物悲しさが加わってなかなか良い感じだ。




スニオン岬から見た半島の風景。

ギリシャ次ページへ。 海外旅行目次ページに戻る。